読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤマアラシのジレンマ

珍しく洋楽ヒットチャートのラジオみたいな垂れ流しの音楽聴きながらの運動。
全く親しみのない音楽で新鮮だった。やっぱり馴染めないなぁ。
ダブステップとか多様に使われてて単純に盛り上がれるようなテンションが上がるような音楽だからかな。
たまに運動するときくに聴くならいい。すこし気疲れした。

みんな何の話しているのか気になる。あの草食の友達は仲間と下ネタを話しまくっているという。
女の子は何を話しているんだろう。やっぱり学校のことかな。彼氏とか?
私は今は休学して孤立してしまったし

分かち合うってどうしたら分かち合えるんだろう。
掟シンジくんを思い出す。友達がいなくて内向的で繊細だから友達作るのに不向きな性格
エヴァで言っていたけれど、ヤマアラシのジレンマのこと。

リツコ 「そうね、確かにシンジくんて どうも友達を作るのに不向きな性格かもしれないわね。
     ヤマアラシのジレンマって知ってる?」

ミサト 「ヤマアラシ?あのトゲトゲの?」

リツコ 「ヤマアラシの場合、相手に自分のぬくもりを伝えたいと思っても 身を寄せれば寄せるほど
     体中のトゲでお互いを傷付けてしまう。人間にも同じことが言えるわ。
     今のシンジ君も 心のどこかでその痛みにおびえて 臆病になってるんでしょうね」

ミサト 「まっ、そのうち気付くわよ。大人になるってことは 近づいたり離れたりをくり返して
     お互いがあまり傷付かずに済む距離を見つけ出す、ってことに」

リツコ 「そうなるといいわね」


傷つくのも怖いし、相手を傷つけるのも怖い。私もそう。
年齢的にももう大人と呼ばれる20歳なのだけど…

バイトに昨日電話して、またあとでかけます。って言われてそれ以降連絡こない。
忘れられてるのかな。はやくきてほしい