読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蹴りたい背中

 

綿矢りさの「蹴りたい背中」という本を読んだ。まさかの19歳で書いて芥川賞受賞したとは…書き出しがとても好き。

さびしさは鳴る。耳が痛くなるほど高く澄んだ鈴の音で鳴り響いて、胸を締め付けるから、せめて周りには聞こえないように、私はプリントを指で千切る。 

またもやこの本も青春小説なんだけど、面白いのでオススメ

媚び売ってご機嫌とってグループ作って馬鹿みたい。なんてスタンスをとってクラスから孤立する捻くれた女子高生ハツとオリちゃんというモデルを異常なほど好きなオタクのにな川もクラスから浮いてる一人。

ハツは、にな川を痛めつけたくなる 愛おしい気持ちと下位を見下す気持ちと色々混ざってるのかな その気持ちは分からないからゾッとした。

でも物語として面白いし、何よりこの文章でこのテーマを19歳で書くとは凄いな…

 

この2人、大人になったらどうなるんだろう、みてみたいな。

社会に適応してそれなりの大人になるんだろうか。 

それはそれで、嫌だななんて思ったり。